スズキハウス中の人非公式
入社2年目のひよっこ社員が、お仕事で学んだことや日々の何気ない出来事を、ゆるやかにお伝えしていきます。
スズキハウス 【本社】
〒431-0201
静岡県浜松市西区篠原町21339
TEL . 053-449-2320

みなさんこんにちは。今回は営業推進部「A」が代筆します

ZEHの家、小出しシリーズも第5回目となりました。
今回は「収納力」についてのお話しをしようと思います。


建売住宅の収納計画ってけっこう難しいのです。
設計する時点ではどんな人が住むのか決まっていないわけですから。

スズキハウスでは、建売を設計する際には
どんな人が住むのかを「想定」し、どんなくらし方をするのかを「妄想」します

…つまり、建売住宅の「収納力」は、設計士の「妄想力」とイコールの関係なのです

とまあ、それは冗談ですが、でも建売の収納計画は、その会社の親切心というか、良心というか、住む人のことをどこまで真剣に考えているか、が現れる部分だと私は思います。

ちなみに、かしこい収納のコツは、適材適所、必要なところに必要なスペースだけを確保するのが良いそうですよ。
広い納戸がどーんとあってもかえって使いづらいというわけですね。


それでは、「ZEHの家」の収納を見ていきましょう。


まずは、玄関を入って右側に腰までの高さの靴箱があります。


メーカーカタログによると、靴が約40足も収納できるんですって
カウンターとしても使えますので、小物を置いて玄関を華やかに演出したり、お届け物にサインしたりがしやすそうですね。


玄関の左手も収納(クローゼット)となっており、こちらは靴だけではなく色々なものがたっぷり収納できそうです。


この建物は玄関ホールから庭に出られたりするのでこの収納はかなり重宝しそうです


各居室の収納ももちろん充実しています。
洗面室の収納は、煩雑になりやすい洗面脱衣場がきれいに保てそうです。
和室には1畳分の押し入れを、2階の洋室(子供部屋)には各部屋にクローゼットを


そして主寝室には


使い勝手抜群なウォークインクローゼットを設けました。


以上、今回は「収納力」についてアピールさせていただきました。
みなさまも、このZEHの家にどう住まおうかを妄想してみてくださいね!


それではまた次回!


2017/11/29

こんにちは。今回は中の人「M」が代筆します


今回はこの謎のモニターについてお話します。


このモニターは「Home Energy Management System
の頭文字を取ってHEMS「ヘムズ」と呼び、
ZEHのマストアイテムとなっております。
電力の使用量や発電量を管理して最適化を図ってくれる
賢いヤツです


次に、分電盤(ブレーカー)も一味違います。



写真では良くわかりませんが、左側の部分に
電力を計測する機械が入っており、全回路の使用量
を前述のHEMSにお知らせします。
通常は分電盤の横に別体で設置するのですが
こいつは一体型で配線不要ですっきり納まっています。


大層なことを書きましたが今はまだ電力の見える化を行う
だけに留まっています。今後の技術の発展に期待。


以上中の人「M」からでした。


2017/11/22

こんにちは、前回の代理「B」に続き、今回は営業推進部「Y」が代筆します
前回からご紹介しております、ZEHの家、小出しシリーズ第3回目です。


今回はこれ

食器洗い時に非常に便利な最高級タッチレス水洗です。
泡の付いた手、濡れている手でも、ハンドルにふれる事無く、黒い部分のセンサーに手をかざすだけで吐水・止水が可能です。
食器洗いのすすぎ時にハンドルに泡がついてしまい、後から水で洗い流す、そんな経験ございませんか? 独身生活が長かった私は数えきれないほどあります。タッチレス水洗なら無駄な水を流す必要がなく節水になりますし、水洗器具自体に水が付かないので拭かずにいつまでもピカピカです。


小ネタすぎる感も否めませんが、エコなZEHの家、電気だけではなく、水道にもエコなんです。


では、次回はまた別の担当にバトンタッチします。



2017/11/20

おはようございます。本日はちょっと事情がありまして、中の人「B」の代筆です
前回からご紹介していますZEHの家、小出しシリーズの第2回目です。


今回はこれ




バルコニーです。それも、かなり大型です。
この家の中心部あたり、一等地にバルコニーを設置。なんという贅沢感・・・・
ここからは、東西南北全部とまでは言いませんが、あちこちに開けた風景が眺望できます。


頭上は、さえぎる物がなく、全天空を見渡す事ができ、写真のような青空や、これからが楽しみな冬の星座も一望できそうです。
遠景に、新幹線の高架が見渡せ、以前紹介させて頂いたドクターイエローも目にする事ができます。
ちょうど取材の日は、近所の畑のチューリップの花が色とりどりに咲き・・・・・


・・・すみません、ウソです。



近所の畑のネットが張り替えられたばかりで、そのカラーバリエーションが織りなす稜線がとても美しく、錯覚をしそうな風景が広がってました。


ここにテーブルと椅子を持ち出し、ビール片手に四季の移ろいを楽しめるのもこの家の魅力かな?
と思ったりします


建物の完成が近づいています。
建物完成までには、この小出しシリーズも完了しなければと、ちょっと焦ってきました


それじゃまた~


以上、代筆「B」でした


2017/11/17

おはようございます 営業推進部ろくちゃんです

前回ZEHの説明をさせていただいて、少々時間が空いてしまいました。
さて、肝心のZEHの家は・・というと、外溝(庭と植栽ですね・・)工事の真っ最中というところで、建物そのものは、前回ご紹介したものと、大きく変わってません。


と言う訳で(どういう訳?)、今回より、建物の中身を小出しにして紹介して行きたいと思います。


第1回目は、これ


和室の一部です。 
壁面に天然木をあしらってみました。
ダウンライトがリブの凹凸を際立たせ、独特の風合いを醸し出していますと自我自賛
これ、本当は、天井に使う建材とのこと・! それを壁に使ってみたそうです。


さあ、この壁面の全体像がどうなっているかは
現物を見てのお楽しみ。
畳の色も、普通の青畳ではありません。
ちょっとこだわりの和室のさわりをご紹介しました。


また次回をお楽しみに~

それでは、ろくちゃんでした~

2017/11/16