スズキビジネス石油事業部ブログ
石油事業部は、ガソリンスタンド・潤滑油・工業用ガス・ホームエネルギーを取り扱っております。
笑顔で、地域に愛されるお店づくりに励みます!
石油事業部
〒431-0201 
静岡県浜松市西区篠原町21339
TEL 053-448-6821

石油事業部のブログをご覧の皆さん、こんにちは。



私事ではありますが、先日プライベートで富士登山に行ってきました



実際に頂上から見たご来光の瞬間です


初登山が富士山となかなかのハードルの高さでしたが、なんとかご来光も拝め、怪我もなく無事下山することができました。



頂上までの途中途中には、上の写真のように宿泊や休憩用として山小屋が運営されていて、登山者の休憩や宿泊用として利用されています。水や菓子パン、電池などの備品から温かいご飯まで多数の商品が売られていました。





また、頂上には自動販売機もあり、携帯の電波は届くので近代化しているなと感じた次第です。


そんな登山途中で気になるのはやはり石油製品であるガスを売る身として、どうやってガスボンベを配送しているのかということです



調べてみると、一般のご家庭に配送しているガスボンベよりも軽いアルミ容器というものにガスを詰めてブルドーザーに乗せて配送しているようです


この場合、ブルドーザーにも液石法の「車両への高圧ガス明記」が必要になるのかが気になるところですが…実際に下山途中にブルドーザーの荷台に人や物を乗せて動いている所を見ただけで、ガスボンベを運んでいるところを見たわけではないのでどうなっているのかは定かではありません…


ブルドーザー以外にもヘリコプターで運搬する他山地域もあるそうですが、食料品等に限られているようですね。



実際に登ってみて感じたことは、山頂では夏場でも冬場に近い体感温度になります。そんな中で温かいコーヒーを飲んだり、温かいラーメンを食べるととても幸せな気分になります


そんなことを可能にしているのは、実際に山小屋で働く人のおかげはもちろんのこと、燃料として使用しているLPガスが影ながら働いているということを皆さんに知ってもらえれば幸いです。


2017/08/03