特販事業部ブログ
特販事業部
〒431-0201
静岡県浜松市西区篠原町21339(しのはらプラザ3F)
℡053-440-1098

世界で最も高いワインはなんでしょう?

ブルゴーニュ?ボルドー?いいえ違います!実はハンガリーの貴腐ワインエッセンシアなのです。もちろんオークションは別ですよ。

エッセンシア2018 1.5ℓマグナムボトルです。


通常ハンガリーにおいて貴腐ワインはワイン法によって0.5ℓを超えるボトルの使用は認められていない為、ロイヤル・トカイ社はハンガリー政府より1.5ℓのボトルに瓶詰する特別許可を取得しました。

世界で最も高いワインに使われた美しい特別なボトルは「一つ一つ収穫した貴腐ブドウからゆっくり滴り落ちる」過程にヒントを得て作られています。ボトルは出来上がるとポルトガルに送られスキャンをして特製コルクをフィッティングしてからロイヤル・トカイに送り返されて瓶詰してから封印されます。

 

蜂蜜、アプリコット、お茶のはっきりしたフレーバーが感じられ、耐えられないくらい甘いと表現してもいいかもしれません。このワインは濃厚でシロップのようなので、ハンガリーでは通常スプーンで楽しまれます。ぱっと口の中に甘さが広がり、あまり舐めすぎると頭がくらくらする程です。

 

トカイワイン、エッセンシアは「自然の奇跡」です。貴腐菌のついたブドウから水分が蒸発し茶色く干からびたブドウは甘さと旨味が凝縮しています。手摘みできれいな貴腐ブドウのみを経験豊かな人々が選別して貴腐ブドウの果汁のみを醸造しています。36箇月以上オーク樽で熟成させたあと、完璧な温度管理と湿度管理のもとセラーで瓶内熟成させてから出荷されます。糖度が高く、アルコール度数は3%程度までしか上がりませんが自然の甘味がぐっと凝縮しています。

特に優れた年しか十分な貴腐ブドウが収穫できない為、とても希少です。ティースプーン1杯のエッセンシアの為に1㎏の貴腐ブドウを要します。手間暇はかかりますが、発酵過程は極めてシンプルで瓶詰して寝かしておくだけです。

エッセンシアをいつ瓶詰するかは醸造家が決めます。3年かもしれないし10年かもしれません。ロイヤル・トカイ・エッセンシア20088年の熟成を経て瓶詰されましたが、珍しいことに4%前後の比較的アルコール度数の高いワインになりました。

 

1990年にイギリスワイン歴史家のヒュー・ジョンソンによって結成されたロイヤル・トカイのチームによるとこれは最大の成功の一つだそうです、というのも再び世界でハンガリーワインが話題になったからです。

このプロジェクトはハンガリーの輸出のシンボルといえるでしょう。ハンガリー国民はハンガリーで多様なワインが醸造されていることを誇りに思っていますがまだまだ、ハンガリーの外から見るとトカイワインはよく知られているとは言えず、いまだ神秘的雰囲気を漂わせています。ハンガリーはまだワインについて、知られていない可能性を秘めていると関係者は言います。

昔からのワイン醸造の伝統、恵まれた気候、多様なワインのスタイルを考慮すればハンガリーを素晴らしいワイン国といって全く差支えないでしょうが、多くのワインがまだ地元でしか飲まれていないのが現状です。

20世紀初頭、トカイワインは世界で最も高いワインだったことがあります。トカイワイン、エッセンシアは薬として処方され、エッセンシアを購入する懐の余裕がある幸せな患者にはエッセンシアが朝晩、小さじ一杯分処方されました。


第一次世界大戦を回避しようとしたローマ教皇ピウス10世はエッセンシアを飲んでいたので11年と長い期間教皇の地位につき80歳まで長生きしたといわれているのでトカイ・エッセンシアは体にいいのかもしれません。適量であればですが。

また1897年に刊行されたブラム・ストーカーのゴシック小説、ホラー小説「吸血鬼ドラキュラ」の中で登場人物である弁護士のジョナサン・ハーカーがドラキュラ伯爵の屋敷を訪ねた際にテーブルに出てきたのがトカイワイン、エッセンシアでした。

このように世界中のお金持ちがエッセンシアを楽しみ、一種のステータスだったようです。

エッセンシアを楽しむのは王家や貴族の特権だったようですが、今では私たちでも楽しむことができるようになりました。

40,000ドルのエッセンシア2018 1.5ℓマグナムボトルを購入することができる人は少ないですけどね。

 

最近ではロンドンの高級デパートフォートナム&メイソンが1本この高額エッセンシアを一本購入しましたが、個人として最初にこのワインを購入したのは北京に住むコレクターでした。

ワインコレクターにとっては完璧なセラーを持つために毎年とてつもない金額をワインに注ぎこんでいるのです。貴重なビンテージのワインは年月が経つにつれて価値がでてきます。このエッセンシアの賞味期限を2300年とロイヤル・トカイ社では定めました。

 

最初のボトルは中国で旧正月パーティーの際に購入者の手元に届いてすぐ開栓されました。

ボトルを開栓した男性は「ワインを並べておくだけなんて悲しすぎる。

飲む為にあるんだから。でも特別な時にね。」と言っています。

 

当社の輸入しているトカイ・エッセンシア2000(0.375)はもっとお手軽に楽しめるお値段です。税抜き36,000

高価ですが、世界最高額のワインと同じように手をかけて醸造しています。

ヴィンテージ2000年は最高のヴィンテージの一つでワイン界最大の権威ロバート・パーカーによるパーカーポイント98点を獲得しています。自然の力が生み出した甘味と旨味を贅沢に味わう経験は新しい世界を見せてくれるかもしれません。

官能的な甘味と酸味のバランスを楽しむ為に、特別な日に1本いかがですか?

 世界一高いワインの画像は こちらでご覧になれます。↓

典拠:CNN travel https://edition.cnn.com/travel/article/expensive-wine-hungary/index.html

 

 

2020/02/13